発がん抑制

発がん抑制

青汁の中でもケールのみに含まれる成分で、発がん抑制効果があるといわれているものがあります。それがイソイソチオシアネートです。あまり聞きなれない名前ですが、ケール独自に含まれる栄養成分で注目されています。

 

さらにビタミンやミネラルも豊富に含んでいることから、優れた発がん抑制効果のある食品ともいわれています。抗がん作用があると考えられるのがビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ミネラルなどです。

 

毎日飲むだけでがんを発生させるのを抑制させるなら、少なくとも1日に数杯程度は飲むべきです。できれば青汁をミキサーやジューサーなどを使い家庭で手作りしても良いでしょう。つくりたてのほうがビタミンが壊れにくく、酵素もたっぷりと入っているためがんの抑制効果が高まります。

 

青汁のがん抑制効果は青汁の粉末をネズミに与えて実験したもので、抑制効果があると報告されています。

 

既にできたがん対策としても生ジュースを勧めている医師は多くいますから、青汁も同様に大量に飲むことで改善効果が期待できます。ただし既にがんが発見されているなら、1日に5杯以上などかなりの量を飲む必要はあります。

 

予防効果を高めるなら数杯程度でも効果が期待できるといえるでしょう。