ケールで得られる効果

ケールで得られる効果

青汁の中でもケールの材料を選ぶなら、便秘対策として利用するのがおすすめです。ケールにも様々な栄養素が含まれ、美容や健康効果が得られますが、食物繊維が豊富で便秘対策につながります。

 

そもそもケールはキャベツやブロッコリーと同じ品種です。これらは同じアブラナ科で、品種改良されて食べやすいように加工されています。日本ではスーパーでほとんど見かけることは無いのですが、ヨーロッパ地方では馴染みのある野菜です。ヨーロッパではキャベツと同様、普通通りの野菜として活用されています。

 

ケールを絞ると水溶性食物繊維、不溶性食物繊維の両方が摂取できます。水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維ですからケールをそのまま絞ったものに多く含まれています。不溶性食物繊維は絞ったカスの部分ですから、便秘対策をして利用するならこの部分も含まれているか確認しましょう。

 

不溶性食物繊維はそのままだと飲みにくいため、粉末状に加工され一緒に青汁へ添加している商品もあります。便の量を増やして腸の動きを活発にする効果が期待できます。有害な物質も一緒に吸着するため、便秘が無い方でも積極的に摂取したい食物繊維です。

 

ケールはキャベツをそのまま飲んでいるようなものですから、便秘対策に多く使われています。